前田博士の相談室 < オリジン生化学研究所について食事と健康古代米についてオリザロース(低分子米ぬかアラビノキシラン)とは機能性食品開発の経緯

--------------------------------------
古代米の特徴などについてお答えします。
--------------------------------------
Q.なぜ古代米の玄米に注目したのですか?

A.まず安全であることです。今では精米をして白米として食べていますが、もともと玄米で食べている期間の方が歴史的に長く、栄養素の多い米ぬかを使っても食経験として安全性といえるからです。また、古代米は野生のイネの特徴である「休眠性」を持っています。この休眠物質によって自らの命を守り、老化を抑制しているのです。この自然界のアンチエイジング作用が古代米に注目した理由です。

「古代米は安全・安心で自然界のアンチエイジング作用を持つ食品」

Q.古代米でも紫黒米(しこくまい)を選んだのはなぜですか?

A.他に赤米、香り米と呼ばれる仲間がありますが、紫黒米ほど濃い色ではありません。野菜でも色の濃いもの程、抗酸化作用を持つ成分が豊富です。また、赤米はパサパサした感じがあり、香り米は匂いに好みがあります。もち米の仲間の紫黒米は機能性成分をより活かし食べやすくする工夫をした後で、余計な味付けや調整を行わずにそのまま食べていただけるのではないかと思って開発に取り掛かりました。

「抗酸化成分が豊富で食べやすい紫黒米をそのまま機能性食品に」

Q.歴史的な紫黒米(しこくまい)の評価は?

A.中国の明の時代『本草綱目』という漢方の本には「目の血の巡りを良くする。滋養強壮に優れ、造血作用があり、髪の黒さを増す」などといった記述があります。漢の時代には紫黒米を発見した人が出世したという故事から「縁起の良い出世米」として宮廷に献上され、皇帝や女官に独占されたといいます。薬膳料理に使われ、楊貴妃も美容食として愛用したと伝えられる「紫黒米」は、まさに古代から食べられて来た健康食品だと思います。

「宮廷献上米であった紫黒米は美容・健康のアンチエイジング食品と評価されていた」

Q.なぜ古代米をさらに発酵させたのですか?

A.古代米の持つアンチエイジング成分は、ほとんど全てが米ぬかの部分に存在します。古代米は米ぬかの割合が他より多いのですが、色素やミネラルなどの機能性成分はセルロースやヘミセルロースなど消化しにくい米ぬかの食物繊維とともに身体を素通りしてしまう確率が高いのです。食感も決して良いとはいえません。そこで発酵させて繊維質の構造を緩めてあげれば機能性成分が消化され易くなり、食感も改善されるのです。

「うまく発酵させれば、おいしく味わえて栄養もアップ」

                               | 前のページへ次のページへ