開発の軌跡 < 5. その他の機能性食品の開発

5、その他の機能性食品の開発

 私はオリザロースの開発を行う一方で伝統食の食品機能について、その作用性と有効成分を明らかにし、科学的なエビデンスを集積する作業を行って来ました。その作業の中で私が開発した新しい機能性食品素材を紹介します。

1.NKCP
 NKCPは日本の伝統的な発酵食品である納豆の有する血栓溶解作用を応用した機能性食品素材です。
 納豆から分離したB.subtilisを大豆成分を主とする培地で液体培養し、培養物から血栓溶解作用を有するたんぱく分解酵素(Bacillo peptidase F)を分離精製したものです。この酵素はいわゆるナットウキナーゼとは異なる酵素で血液の凝固抑制作用と溶解作用の両方を有しております。
 ラットを用いた実験的血栓溶解モデルにおける経口投与による血栓溶解作用や一般成人に対する血液凝固リスクの改善作用が確認されています。

 ・J. Yamamoto and T. Yamashita: The effect of dietary BNPP administration on experimental thrombolysis model in vivo, Research Report 2001 Kobegakuin Univ, 2002.
 ・K. Omura, M. Hitosugi, K. Kaketani, X. Zhu,H. Maeda and S. Tokudome: Fibrinolytic and anti-thrombotic effect of NKCP, the protein layer from B.subtilis(natto), Bio Factors 22(2004) 185-187

2.米ケフィラン
 コーカサス地方にケフィアという保健飲料があります。ケフィアに含まれる粘性多糖がケフィランです。ケフィランには多くの機能が報告されていますが、ケフィアにはわずかしか含有されていません。
 そこでケフィラン産生菌であるL. Kefiranofaciensを牛乳を使わず、米の成分で培養し効率よくケフィランを生産させたものが米ケフィランです。この技術は私の独自の発想によるもので農林水産省の助成を得て5年がかりで開発したものです。
 作用としては脂質代謝改善作用、動脈硬化改善作用、腸内環境改善作用等が確認されています。

 ・Maeda H., Zhu X., and Mitsuoka T.: New Medium for the Production of Exopolysaccharide (OSKC) by Lactobacillus Kefiranofaciens, Bioscience and Microflora, 22 (2), 45-50(2003)
 ・Maeda H., Zhu X., Suzuki K., and Kitamura S.,: Structural Characterization and Biological Activities of an Exopolysaccharide Kefiran Product by Lactobacillus Kefiranofaciens WT-2B(T), Journal of Agricultural and Food Chemistry, 52, (17), 5533-5538 (2004)
 ・Maeda H., Zhu X., and Mitsuoka T.: Effects of an Exopolysaccharide (kefiran) from Lactobacillus kefiranofaciens on Blood Glucose in KKAy Mice and Constipation in SD Rats induced by a low-fiber Diet, Bioscience and Microflora, 23 (4), 149-153 (2004)
 ・Maeda H., Mizumoto H., Suzuki M., and Tsuji K.: Effects of kefiran-feeding on fecal cholesterol excretion, hepatic function and intestinal environment in rats, Bioscience and Microflora, 24 (2), 35-40 (2005)


                                      | 前のページへ